自主練習のススメ♪

更新日:8月31日

8月はコロナウイルスの感染急拡大の影響で休講になった教室が多くありました。


レッスンに来ることが練習の一つでもある生徒さんにとって、お休みになると何を練習したらいいか分からない、課題曲も飽きちゃった…と心にポッカリ穴があいてしまう方もいらっしゃるはず。


パンファン先生より自主練習のワンポイントアドバイスをいただきましたので参考になれば幸いです♪


=========================================

パンファン先生の練習ワンポイントアドバイス♪

テキストやセレクション曲集は、模範演奏と一緒に弾いてみましょう。

 ある程度練習して弾けるようになったら模範演奏と一緒に弾いてみることをおすすめします。先生の音を聴きながら弾くことで、どんなところにどんな風にビブラートをつけているかや強弱、音の出し方など参考になります。(テンポが速い曲は無理せず聴くだけでも◎)


習った曲の中から、自分の好きな弾ける曲でじっくり徹底的に練習してみましょう♪  時間がある今だからこそ、すでに練習したことがあり弾きやすい自分の好きな曲で練習してみてください。余裕がある曲を弾くと、音程や表現など細かいところにも目が届くようになるはずです。


時間のあるときは基礎をじっくり見直すチャンス。

 曲の難易度があがってくると課題に追われて基礎を見失いがちになりますので、レッスンがお休みの時など余裕のある時に基礎をじっくり練習してみましょう。スマホなどで録音や録画して客観的にチェックするのもおすすめです。

 【4集以上〜】五声音階練習(4集)を正しい音程で弾けているか、一つ一つ確認しながら練習しましょう。 

 【3集】ポジション移動がはじまった方は、一指や二指のポジション移動練習曲をしてから「萍聚」などの簡単な移動の曲を弾いてみましょう。

 【1〜2集】それぞれの調の音階練習や、簡単な曲を復習しましょう。

=========================================

その他にも各種教材やオンライン授業などご自宅での自主練習に取り入れてみてはいかがでしょうか?

☞オンラインで個人レッスンを受けてみませんか?  マンツーマンでじっくり苦手部分ややりたいテクニックの指導を受けられます

 (スマホ・タブレット・PCでWifi通信環境があればOK)

 ・楊先生(1h 8800円)/戸田先生(45分 6600円、1h 7700円)

  オンラインレッスンの雰囲気がわかる紹介動画はこちら

☞読書で知識を養おう!ヤマハ『賈鵬芳の二胡教本』】   歴史や豆知識の他、様々なテクニックの解説と練習曲が満載の二胡学習者のバイブル。

ヤマハ『絶対うまくなる!二胡100のコツ』】   二胡学習者の100の疑問に答えてくれる一冊。今さらレッスンで聞きにくいことや練習時の悩み解決のヒントがあるかも?携帯サイズの書籍なので移動中や音が出せない時などに気軽に読めます。


☞先生達の演奏動画をみて良い音のイメージを掴もう!

 ▶︎パンファン先生のYoutubeチャンネル

 ▶︎天華二胡学院のYoutubeチャンネル

先生たちのレッスンの時やテキストの模範演奏ももちろんいい音ですが、コンサートやCDなどの「聴かせる」演奏は、いわゆる「お手本」の演奏とは一味も二味も違います♪本物の音を知ることで、また新しい練習のアプローチにつながるかもしれませんよ?

(コンサートの演奏だけでなくレッスン風景や発表会、練習曲のお手本演奏などもあります♪)


先生たちもレッスンがお休みになって空いてしまった時間に、教室のお手入れをしたり、スタジオで練習したりとレッスン再開に向けて頑張っています。感染防止対策を続けながら皆さんも気をつけながらお過ごしください。

↑お盆明けに脚立に登って看板の修理工事をしました。羽田空港に飛んでいく飛行機もよく見えます。


↑普段は忙しくてなかなか一緒に練習できないので、時間がある今のうちにたくさん練習しています!

オンラインワークショップや新しい動画の投稿なども考えていますのでお楽しみに。


709回の閲覧